トップページ

    このサイトではアメ車の下取りを考えているあなたにおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「アメ車の下取り相場を調査して高く買い取ってくれる買取業者に売却したい。」と考えている場合はこのページに掲載しているおすすめの車買取店をチェックしてみてください。

    アメ車を高く買い取ってもらうためにやるべきことは「複数の車買取会社で査定の依頼をする」です。1社のみとか家の近くにあるディーラーで下取りを頼もうと思っている場合はどう考えても損をするのでやめておきましょう。

    車買取の一括査定ならサクッと入力完了するので時間がかかりません。複数の車買取店からの査定額を比較できるので、アメ車(アメリカ車)の買取価格の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車の相場が比較できる一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい有名なので安心感が違います。
    提携業者も1000社以上と断トツの多さ!最大で50社にアメ車の買取査定依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むと複数の買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話がかかってこないので安心です。
    当然ですが、全国に対応していて無料。

    「アメ車を高く売るなら下取りより買取がいいのは分かったけど、電話で営業されるのは…」と言う場合ならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが所有しているアメ車の買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が入札価格を提示するので、数万キロ走ったアメ車でも高く売却できる買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話連絡は1社だけなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    アメ車の実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    査定も電話連絡も1度のみで買取業者の約2000社が入札して買取価格を提示するという今までになかった新しいサービスなので、もしディーラーでの下取りを考えていたならチェックしてみてください。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。1分もかからずに入力が終わりますし、入力後すぐに中古車相場が提示されるので、「サクッと数年落ちアメ車の買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    依頼申し込み後はいくつかの買取業者から電話がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取業者から電話がかかってきたら1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちのアメ車であっても高額買取が実現します。(1社だけだとディーラー下取りと同じ様に価格競争が起こりません。)

    約10社の買取業者がアメ車を査定してくれるので、納得できる価格を提示してくれた業者にあなたのアメ車を売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の査定相場が分かる数少ない車一括査定サービス。
    提携業者は200社以上あり、最大で10業者があなたが愛用したアメ車を査定します。

    できるだけ多くの会社に査定額を出してもらうことで買取金額の違いや相性を比較することが可能になるので、ディーラーで下取りではなく、いつくかの車買取業者にお願いして数年間愛用してきたアメ車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前を見ればわかる通り輸入車・外車専門の中古車買取店です。
    外車・輸入車専門で17年の実績があり、年間の輸入車取扱台数は外車のみで1500台。もちろん、地方対応で出張査定の費用はかかりませんので、ディーラー下取りよりも手間がかかりません。

    外車王は輸入車や外車に特化した輸入車の買取専門業者なので、輸入車のアメリカ車なら大手買取店より高く売ることができる可能性があります。
    そういうことから、輸入車のアメリカ車を売るならとりあえずランキング上位の車買取一括査定サイトを利用して買取査定額をチェックしてみてください。

    いろんな買取業者に査定依頼をした後で、最後に外車王に査定依頼をするのがおすすめです。相場よりも高い買取金額を出してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたアメ車を売りましょう。






    車買取コラム

    自分の足で実際にお店に行くことをしないで、たくさんの買取店の査定額を車の一括査定サイトで比較することが可能です。

    時間的余裕がない人でも、複数の査定がいっぺんに出来てしまうのは素晴らしいですね。

    しかし、複数の業者に一括査定しているので、仕方ないと言えばそれまでですが、数ある会社から電話が矢継ぎ早にかかってくる事になるでしょう。

    電話攻撃に疲れ果ててしまったり、しつこく売ることを迫る店舗もある欠点があるので注意が必要です。

    買取査定のために各店舗に行く時間がない場合などには、ほとんどの会社では、業者が自宅などに出向いてくれる出張査定があります。

    査定スタッフが車のあるところまで来てくれて実物を見て確認し、見積もり結果を出してくれるのです。

    この出張査定は同時に何社かの査定スタッフに出向いてもらうことも可能です。

    一気に複数の業者に依頼すれば時間短縮にもなりますし、同じ時刻に居合わせたスタッフの間で自然に価格競争が起きてきますので結局のところ査定額が高くなる事が多いと言えるでしょう。

    ちょっとでも自分の車の査定額をアップさせようと思うならば、今すぐにでも売却したいという思いを強く出すことでしょう。

    暇つぶしに査定はしてもらうがきっと売却は後回しになりそうな人よりも、話が決まれば今すぐにでも売却しますという売り手の方がスタッフにとって心強いものです。

    即決の意志があると知ったならば、他店に行かれないようにきっと見積金額を高くしてくれるでしょう。

    車の売却査定を依頼する際は取り立てて用意しなければいけない書類などはありません。

    ただ、実際に売却する段階になれば、車検証や自賠責保険証、納税証明など複数の書類を整えなければいけません。

    売却するのが普通乗用車なら実印と印鑑証明書が不可欠ですし、苗字が結婚などの理由で変わっている時や、現住所と書類の住所が一致しない場合は通常よりも提出書類が増えますから、先に担当者に確認しておくと良いでしょう。

    中古車屋に売ると決めたら早めに書類を準備しておくほうがあとの手続きはラクです。

    あとで後悔しないために、中古車屋と売買契約を結ぶ際は気をつけなければいけないことがあります。

    当たり前ですが、契約書にしっかり目を通すことです。

    取引に関する必要事項を記載したものが契約書で、署名捺印が済んだ段階で法的な効力を持ちます。

    事前説明と異なる契約内容になっていないかなど金銭面での記載についてはかなり注意して読まなければいけません。

    細かいところまで読んでからそれで良ければハンコを押すようにしましょう。

    急かす業者は論外です。

    なるべく多くの会社から見積りをとって比較するのは、車を高値で売却する上で非常に有効な手段です。

    とはいうものの、何社以上なら絶対に良いなどという基準はなく、3社の結果で満足する人もいれば不満が残る人もいるので、主観が入る部分もあるかと思います。

    多数の見積り額を集める意義は、売却の指針となる相場をつかむことであると同時に、競争原理による高い値付けが期待できることに尽きます。

    本来の目的さえ満たすものなら、2、3社でも十数社でも実質変わらないということになります。

    国内での流通実績の点からすると国産車に比べて外車は数が少な過ぎますから、査定を受けても買取店によって額は相当開きが出ます。

    よく確かめもしないで売るとあとで後悔するはめになりかねません。

    査定を依頼するなら輸入車専門の業者にした方が、専門を謳うだけあって販売の目処も立ちやすく、査定額は全体的に高めになります。

    とは言うものの、輸入車専門店というのはMINIなどの英国車専門店、BMWやアウディのセダン中心など特色を打ち出した店が多いです。

    中古車の売却のための一括査定サイトなどもありますから、そういった情報を参照しつつ、売却対象車とのマッチングが良い業者を探すことから始めてみてはいかがでしょう。

    中古自走車を売却する際には、「車庫証明」は必要書類の中に含まれていません。

    しかしながら、新たに買った自動車に対しては、自動車保管場所を指定して、車庫証明書を取得する必要性があるのです。

    車庫証明の取得に関しては、販売店が代行してくれますが、自分が取得手続きをするのが本来の姿です。

    少々手間がかかるとはいえ中古車販売店に支払う手数料分が節約可能になるので、トライするのも結構ですね。

    自分で手続きするときには、古い車はどのようにしたか説明しないといけないので、必要書類としては売買契約書が挙げられるでしょう。

    所有する車の相場が知りたいなどの理由で、車の査定に出すときに必要になってくるのは車検証だけですが、現実にその車を売却する際には何点か書類を用意することになります。

    売却したい車が普通自動車ならば車検証以外に自賠責保険証や納税証明書やリサイクル券、ほかにも印鑑証明や実印を準備しなければいけません。

    これらのうち納税証明書の紛失に気付いたときには、売却する車が軽か普通自動車かで再発行をお願いするところが違ってきます。

    普通自動車のケースでは県などの税事務所で、軽自動車だったら役所の窓口に行って再発行の手続きを取るようにしてください。