トップページ

    このサイトではアメ車の下取りを考えているあなたにおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「アメ車の下取り相場を調査して高く買い取ってくれる買取業者に売却したい。」と考えている場合はこのページに掲載しているおすすめの車買取店をチェックしてみてください。

    アメ車を高く買い取ってもらうためにやるべきことは「複数の車買取会社で査定の依頼をする」です。1社のみとか家の近くにあるディーラーで下取りを頼もうと思っている場合はどう考えても損をするのでやめておきましょう。

    車買取の一括査定ならサクッと入力完了するので時間がかかりません。複数の車買取店からの査定額を比較できるので、アメ車(アメリカ車)の買取価格の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車の相場が比較できる一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい有名なので安心感が違います。
    提携業者も1000社以上と断トツの多さ!最大で50社にアメ車の買取査定依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むと複数の買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話がかかってこないので安心です。
    当然ですが、全国に対応していて無料。

    「アメ車を高く売るなら下取りより買取がいいのは分かったけど、電話で営業されるのは…」と言う場合ならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが所有しているアメ車の買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が入札価格を提示するので、数万キロ走ったアメ車でも高く売却できる買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話連絡は1社だけなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    アメ車の実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    査定も電話連絡も1度のみで買取業者の約2000社が入札して買取価格を提示するという今までになかった新しいサービスなので、もしディーラーでの下取りを考えていたならチェックしてみてください。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。1分もかからずに入力が終わりますし、入力後すぐに中古車相場が提示されるので、「サクッと数年落ちアメ車の買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    依頼申し込み後はいくつかの買取業者から電話がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、強引な営業をされることはありません。
    買取業者から電話がかかってきたら1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちのアメ車であっても高額買取が実現します。(1社だけだとディーラー下取りと同じ様に価格競争が起こりません。)

    約10社の買取業者がアメ車を査定してくれるので、納得できる価格を提示してくれた業者にあなたのアメ車を売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の査定相場が分かる数少ない車一括査定サービス。
    提携業者は200社以上あり、最大で10業者があなたが愛用したアメ車を査定します。

    できるだけ多くの会社に査定額を出してもらうことで買取金額の違いや相性を比較することが可能になるので、ディーラーで下取りではなく、いつくかの車買取業者にお願いして数年間愛用してきたアメ車を1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前を見ればわかる通り輸入車・外車専門の中古車買取店です。
    外車・輸入車専門で17年の実績があり、年間の輸入車取扱台数は外車のみで1500台。もちろん、地方対応で出張査定の費用はかかりませんので、ディーラー下取りよりも手間がかかりません。

    外車王は輸入車や外車に特化した輸入車の買取専門業者なので、輸入車のアメリカ車なら大手買取店より高く売ることができる可能性があります。
    そういうことから、輸入車のアメリカ車を売るならとりあえずランキング上位の車買取一括査定サイトを利用して買取査定額をチェックしてみてください。

    いろんな買取業者に査定依頼をした後で、最後に外車王に査定依頼をするのがおすすめです。相場よりも高い買取金額を出してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたアメ車を売りましょう。






    車買取コラム

    通常、大多数の中古車の買取専門店では、見積もりに要する時間はただ待っているだけの時間を除くと15分かかるかかからないかです。

    それほど時間がかからないのは、その車種毎に今の時点での中古車のオークションの相場などを基本として前もってベースの査定額が決まっていて、その金額から走行距離および各パーツの状態を確認した後に、車の状態に応じた査定額のアップダウンをすれば最終的な査定金額を導き出すことが可能だからです。

    自分の持っている車を査定に出すとき、幾らかでも高値で見積もってもらいたいのだったら、取り敢えず査定するのではなくて、直ぐに売りたいという気持ちを前面に押し出すことです。

    暇つぶしに査定はしてもらうが車を実際に手放すのは先になるだろうという相手よりも、話が決まれば直ぐに売却可能ですという相手の方がスタッフにとって心強いものです。

    直ぐに売る意志がある人だと分かったならば、ほかの店舗に逃げられないように査定金額を引き上げてくれるかもしれないのです。

    中古車買取業者と自分との間に起きる可能性のあるとトラブルはいくつかあるでしょうが、その中にはとても悪質なものも存在します。

    見積もりを出してもらってその車の引き取りが完了した後になって、再度チェックしたら問題が出てきたと買取金額を低くされることもあるのです。

    さらに悪質な業者の場合は、その車だけを引き取って提示された金額が振り込まれないこともあるのです。

    このような事案に自分が遭遇してしまったら、あわてずに消費者生活センターや警察などに相談してみることをオススメします。

    トラックや営業車は別として、個人所有の普通車の1年間の走行キロ数は、おおよそ1万kmが標準といわれています。

    走行距離が50000kmを超えたあたりで多走行車という扱いになって買取査定の際にはしっかり減点されます。

    また、いわゆる過走行車(総走行距離10万km以上)までいってしまうと値段がつかないこともあります。

    それなら走行距離が短いほどよいのかというと、そうとは言えません。

    例えば年式のいった車の場合、走行距離があまりにも短いと逆に駆動部分が極端にへたっていたり、状態が悪化しているケースもあり、リスク回避で低い値付けになる場合があります。

    手間暇かけずに自分の車の買取価格を知ることができる却一括査定サイトというのは一度使えばその便利さを実感しますが、欠点としては営業マンからの電話攻勢を挙げる人は多いのではないでしょうか。

    登録したのが仕事でも使っている携帯番号などだと業務に影響を及ぼしかねないため、できるだけ避けたほうがいいでしょう。

    断っても再三かけてくるような業者がいたら、ウソも方便で、もう売ってしまったと断るとてきめんに効きます。

    買取業者が車の代金を振り込んでくるのは、契約日から数日、ないし一週間後とみておけば良いでしょう。

    担当者が査定に来て、その日のうちに契約を決めても、必要な書類が足りなければ本契約したことにはなりません。

    できるだけ早めに振り込んでほしい場合は、売却(査定)業者を決める前に、先行して書類集めをしておくと手続きが早く済みます。

    それと、普通乗用車は軽自動車とは必要書類が違い、実印も必要ですから間違えないようにしましょう。

    転居で住所が変更になった人は要注意です。

    全部というわけではありませんが、課税対象に車の売却金が含まれるケースがあるのです。

    個人所有の自動車であり、いつも通勤するために使っていた車ならば所得税はかからないようになっています。

    日常やレジャー等の用途で使っていた場合には、課税対象になって所得税を支払うかもしれなくなります。

    車を売却した金額の方が、購入した金額よりも50万円以上高くなったときには所得税の課税対象です。

    仕事でも使っている車体を売却するときには、また別途違う決まりがあるので、不明瞭な点があったら確定申告を行う際に申告書を提出する前に税務署のスタッフなどに相談してみましょう。

    普通自動車でも軽自動車でも車を所持していると、使用しているいないに関わらず維持費用はかかるのです。

    車検費用は2年に一度、毎年の自動車税、更に任意の自動車保険費用もかかります。

    もっと言うならば、アパートなどに住んでいる場合には、別に駐車場代金も必要になってくるのです。

    自動車を売ろうか売らないか思案中の人は、多額の維持費を支払ってでも車を所有する必要性があるのかどうかという見方で考えてみれば、どのようにすべきかという結論が出やすいでしょう。

    何社にも査定を頼んだのにほとんどゼロ円査定のような状態になってしまったときは、事故車やワケありの車を手がけている買取業者に査定を依頼してみるという方法もあります。

    他店で敬遠されがちな車でもそういった業者であれば、それなりの値段をつけてくれる可能性が高いです。

    それ以外には廃車しかありませんが、自ら解体業者に持ち込み陸運局で手続きするのに比べたら、専門業者にお任せにしてしまうほうがずっとラクです。

    こうした専門業者の売りは、引取先に頭を悩ませることがない上、廃車手続きを代行してくれ、しかも無償で車を処分してもらえるという点です。